企業の内部リスクマネジメント

顧客ニーズの変化や営業実績を追求する背景で拡大する内部リスク!

これらの二大内部リスクについて経営側の準備をする必要があります。

脳・心疾患、精神障害の労災
メンタルヘルスケア

■脳・心疾患の労災認定件数
 平成11年 81件→平成21年 293件(3.6倍)
■精神障害の労災認定件数
 平成11年 14件→平成21年 234件(16.7倍)

法改正(労働安全衛生法)により、過重労働・
メンタルヘルス対策が義務付けられました。

申請・認定件数が増えた理由は?

立証責任が従業員側(原告)から企業側(被告)に移り、安全配慮・健康配慮をしていた事実等を企業が証明しなければなりません。

対策(メンタルヘルスケア)

予防

■メンタルヘルスケアカウンセリング
■(専門家による面談カウンセリング)
■全従業員を対象にした医療補償
■医療を受ける際の自己負担を軽減、的確な診療指針
■(パートも含む無記名方式の医療保険とセカンドオピニオン)

企業賠償

■労災訴訟による高額な賠償金に対処
■(政府労災保険でカバーできない民事訴訟にも対応)

下矢印

業務災害総合保険にて対処!

顧客情報の持ち出し等

個人情報の持出し事故
個人情報の流失事故

下矢印

個人情報漏洩保険

勤務態度不良に伴う解雇
問題行為に対する処罰
取引先金銭事故賠償

下矢印

従業員管理特約付き
マネジメントリスク
プロテクション保険

下矢印

カスタムメイドにて設計する
必要があります!

+ルールブック(就業規則)の整備、教育と訓練